岩手のニュース

<宮古市議会>淫行逮捕の市議に辞職要求

 岩手県宮古市議会は10日、少女にみだらな行為をしたとして、岩手県青少年環境浄化条例違反の疑いで逮捕された同市議近藤和也容疑者(44)に対し、議員辞職を要求することを決めた。
 会派代表者会議で一致した。前川昌登議長が近藤容疑者に接見し辞職を促す。辞職しない場合、13日に予定する臨時会で議員辞職勧告決議案の提出を検討する。前川議長は「容疑が事実なら議会への信頼を著しく損なう重大な問題で遺憾。市民の信頼回復に全力を尽くす」と談話を出した。
 近藤容疑者は昨年9月下旬、10代の女子高生が18歳未満だと知りながら、みだらな行為をしたとして今月9日に県警に逮捕された。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月11日水曜日


先頭に戻る