山形のニュース

パスポート手に山形周遊 280施設でサービス

提示すると優待が受けられる「山形日和。ぱすぽーと」

 山形県などは、四季折々で変化する自然の魅力や伝統的な食を楽しんでもらおうと「山形日和。ぱすぽーと」を発行した。
 観光キャンペーンに参加する果樹園や飲食店、旅館など約280の施設で提示すると、温泉の日帰り入浴の割引やドリンクサービスなどが受けられる。
 サクランボの木のオーナー権や山形牛などが当たるスタンプラリーにも参加できる。7月と10月、来年2月のそれぞれ末日に締め切る。
 「ぱすぽーと」は、冬場の観光客増加を狙い昨シーズンより1カ月期間を延長し、来年2月末まで有効とした。今後、参加施設を1000以上に増やす方針。
 A4判の短冊型で、20万部発行の予定。JR山形駅や山形、庄内両空港、観光案内所などで配布している。連絡先はサポートセンター023(665)0357。


関連ページ: 山形 経済

2016年05月11日水曜日


先頭に戻る