広域のニュース

<参院選>新党改革、女優の高樹沙耶氏を擁立

 新党改革は10日、夏の参院選東京選挙区(改選数6)に女優の高樹沙耶氏(52)を公認候補として擁立すると発表した。他に比例代表候補として会社役員藤岡佳代子氏(50)、会社役員橘高薫子氏(46)を公認した。3人とも新人。
 高樹氏は国会内で記者会見し、脱原発を訴えるとして「実現に向け一生懸命、汗をかきたい」と表明した。浜松市出身で、1983年に女優デビュー。近年は、自然エネルギーを生かして生活する「ナチュラリスト」として活動している。
 発表後、荒井広幸代表は地元の福島選挙区(改選数1)について「候補者擁立は見送る予定」と説明。自民党現職の岩城光英氏(66)を推薦するかどうかは「現時点では白紙」と述べた。
 自身の対応は17日の2次公認発表以降に明らかにする予定で、比例代表から立候補するとみられる。


2016年05月11日水曜日


先頭に戻る