広域のニュース

「四季島」来年5月出発進行! 東北など周遊

豪華寝台列車「トランスイート 四季島」の外観イメージ(JR東日本提供)

 JR東日本は10日、豪華寝台列車「トランスイート 四季島(しきしま)」の運行を2017年5月1日から始めると発表した。最初の2カ月間は、上野発着の2コースで運行。北海道や東北などを周遊する3泊4日コースは、最上級の四季島スイート(メゾネットタイプ)で代金が1人95万円、スイートで75万〜77万円。
 同コースは、日光東照宮(栃木)や三内丸山遺跡(青森)、北海道のアイヌ文化、五能線から見る日本海の夕日など、豊かな自然の風景や文化に触れる旅をテーマにしている。北海道の温泉宿にも泊まる。
 甲信地方などを巡る1泊2日コースは、1人32万〜45万円。山梨のワインを堪能し、姨捨(おばすて)駅(長野)に新設する四季島乗客専用のバーから、棚田や市街地の夜景が楽しめる。福島の会津漆器の工房も見学する。
 寝台特急の廃止が相次ぐ中、豪華なクルーズトレインが注目を集めている。JR九州の「ななつ星in九州」が高い人気を維持し、JR西日本も17年春に「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずかぜ)」を投入予定だ。冨田哲郎社長は記者会見で「四季島を通じて、地域の伝統や文化を掘り起こすことが重要。自然や食とともに旅の醍醐味(だいごみ)を味わってほしい」と述べた。


関連ページ: 広域 社会

2016年05月11日水曜日


先頭に戻る