岩手のニュース

<平泉世界遺産>7カ国語音声ガイドペン導入

7カ国語対応の音声ガイドペン

 岩手県平泉町の平泉観光協会は、世界遺産の「平泉の文化遺産」を中心に、町内の主な観光情報を7カ国語で紹介する音声ガイドペンを300本導入した。6月末の世界遺産登録5周年に向け、増加が予想される外国人観光客の受け入れに活用する。
 4カ国語に対応した中尊寺所有のペン200本を7カ国語に刷新し、新たに100本を加えた。中尊寺と毛越寺の境内、柳之御所遺跡などを盛り込んだガイドブックを併用し、史跡の写真をペンでタッチすればイヤホンから音声案内が流れる。
 日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語に対応。町内の銀行や免税店の情報も提供する。貸出料金は1日500円。年間1万本の利用を見込む。JR平泉駅前の観光案内所と両寺などの計4カ所で貸し出す。利用時間は午前8時半〜午後5時。
 導入には町の補助金300万円を含む650万円を充てた。町には2015年、過去最高の2万1000人の外国人観光客が訪れた。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月12日木曜日


先頭に戻る