宮城のニュース

<G7財務相会議>地域の魅力再発見 市民向けイベント

 仙台市で20、21日に開かれる先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に合わせ、地域の宝を知ってもらう市民向けイベント「仙台・東北トレジャーズカフェ」が20〜22日、青葉区のせんだいメディアテークで開かれる。仙台が海外から注目を集める機会を捉え、市民に足元の魅力を見つめ直してもらうのが狙い。
 初日は「ここで生きる喜び」と題し、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた南三陸町を特集。町に伝わる切り紙細工の体験や国際認証を取得した戸倉地区のカキを味わうオイスターバー、町内の漁業、林業関係者が震災後の歩みを語るトークイベントがある。
 21日は「語り継ぐ幸せ」をテーマに、G7会議会場の仙台市太白区秋保地区をはじめ、仙台の懐かしい風景を映像や写真で紹介。市が1963年に制作した海外向けPRビデオなど貴重な映像も上映する。
 「願いのかたち」を掲げる22日は郷土芸能の披露やこけしの絵付け体験などを企画。郷土芸能のワークショップがある。小学3年生から中学生までが対象で参加無料。定員20人で事前申し込みが必要。連絡先はメールアドレスinfo@tateito−yokoito.com
 カフェはG7会議推進協力委員会(会長・奥山恵美子仙台市長)の主催。連絡先は推進委事務局022(214)1255。


2016年05月13日金曜日


先頭に戻る