宮城のニュース

<ベガルタ>蜂須賀闘志 3戦連続フル出場へ

大宮戦に備えた練習に集中する蜂須賀(右から2人目)

 今季初となる3戦連続フル出場を狙う蜂須賀が、大宮戦に向けて闘争心をかき立てている。「チャンスをもらっている以上、一試合一試合に命を懸け、走りつぶれるまで走りたい」。前節で8戦ぶりの白星を挙げたチームをもり立てる。
 センターバックの平岡がここ2試合欠場し、右サイドバックの大岩がセンターバックに回ったため、出場機会が巡ってきた。1−1で引き分けた4日の川崎戦、2−0で快勝した8日のホーム福岡戦に先発し、豊富な運動量で前線へ攻め込んだ。
 昨季に続いて選手会長を務めるプロ4年目。クラブが商品化に向けて準備を進める、選手おのおのの座右の銘などを紹介する日めくりカレンダーの考案者でもある。
 プレーでは守備での貢献はもちろん、「前でボールを受けたら、ドリブルで仕掛けたりクロスを上げたりしてエリア内にボールを入れたい」と意欲満々。「攻めていれば(自陣の)ゴールが脅かされることはない。守備でもより声を掛け合える」と言う。
 今季J2から昇格したばかりながら5位につける大宮には「チャレンジャー精神で挑める」。レギュラー定着を目指すため、「出た試合に勝とうと思う」と集中力を高める。(加藤伸一)


2016年05月13日金曜日


先頭に戻る