岩手のニュース

逮捕の宮古市議が辞職 少女にみだらな行為

 少女にみだらな行為をしたとして、岩手県青少年環境浄化条例違反の疑いで逮捕、送検された宮古市議近藤和也容疑者(44)が12日、前川昌登議長に議員辞職願を提出し、許可された。
 同日あった市議会の会派代表者会議で、近藤容疑者に接見した前川議長が報告した。前川議長は「深く反省している様子だった。若い議員で期待していたのに残念だ。市民にはおわびする以外にない」と話した。
 市選管によると、補選は2017年7月の任期満了に伴う市長選とともに実施する。
 近藤容疑者は無投票だった14年市議選で初当選。昨年9月下旬、女子高生が18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたとして9日に県警に逮捕された。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月13日金曜日


先頭に戻る