宮城のニュース

<ベガルタ>きょうホーム 大宮戦

 J1仙台は13日、第1ステージ第12節ホーム大宮戦(14日14時・ユアスタ仙台)に向けて、仙台市のユアスタ仙台で約1時間、最終調整した。
 試合前日ということもあり、ボール回しやセットプレーの確認など軽めの内容。セットプレーではMF三田らがキッカーを務め、MF金久保が鋭いシュートを放つなど、各選手が本番に照準を合わせた。
 大宮は、今季J2から昇格し、前節まで5勝3分け3敗で5位。チームトップの3得点を記録しているMF家長を擁し、組織的な攻守を持ち味とする。
 仙台は前節のホーム福岡戦で8戦ぶりに白星を挙げ、通算3勝2分け6敗の14位。連勝して上昇気流に乗りたい。
 渡辺監督は「4月に苦しんだ分、選手には『5月攻勢』をかけようと話している。サポーターの方々と一緒に戦って、勝ち点3を喜び合いたい」と意気込んだ。


2016年05月14日土曜日


先頭に戻る