秋田のニュース

<ダイオウイカ>大きくてびっくり!標本展示

ダイオウイカの前で大きさを表現する家族連れ

 秋田県にかほ市象潟町の海岸に2月に漂着したダイオウイカが標本になり、秋田市の県立博物館で常設展示されている。
 全長約3.2メートル、重さ114キロ。水槽に足を折り曲げた状態でホルマリン漬けにし、公開している。来館者は手を広げて大きさを比べたり写真を撮ったりして楽しんでいた。
 秋田県内でのダイオウイカの標本展示は初めて。秋田市広面小1年芳賀悠清君(6)は「思っていたよりも大きくてびっくりした」と笑顔で話した。
 午前10時〜午後4時半。月曜と祝日後の火曜休館。入館無料。連絡先は同館018(873)4121。


関連ページ: 秋田 社会

2016年05月14日土曜日


先頭に戻る