福島のニュース

<避難指示解除>南相馬市、7月1日目標

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県南相馬市内の避難区域について、国の原子力災害現地対策本部は13日、7月1日を目標に解除手続きを進める方針を明らかにした。桜井勝延市長は「住民の意見を聞いた上で国と合意したい」と前向きに検討する考えを示した。
 市議会全員協議会で国側が説明した。解除目標について配布資料に「7月上中旬」と表記していたが、市議から「分かりにくい」との指摘を受けて日付を特定した。
 解除対象となるのは、同市小高区全域と原町区南部の計3516世帯1万967人。帰還困難区域(1世帯2人)は含まない。
 市は15日から住民説明会を開催する。桜井市長は「除染に伴う廃棄物処理への不満もあるが、現場確認を進めるなど個別に対応していきたい」と話した。


2016年05月14日土曜日


先頭に戻る