広域のニュース

<TKbjリーグ>きょうからファイナルズ

◎波乗る秋田「V目指す」

 男子プロバスケットボール、TKbjリーグのファイナルズ(東西両地区決勝、リーグ優勝決定戦、3位決定戦)が14、15の両日、東京・有明コロシアムである。13日は、東地区決勝を戦う富山と秋田、西地区決勝で対戦する京都と琉球の各ヘッドコーチ(HC)が試合会場で会見し、健闘を誓った。
 レギュラーシーズン東地区3位秋田の長谷川HCは「一戦一戦大事に戦い、東北の代表として優勝を目指す」と話す。昨季まで2季連続リーグ準優勝にとどまり悔しさを味わっているだけに「優勝しないと秋田に帰れない」と強調した。
 秋田は東地区1位の富山に1勝3敗と負け越したが、プレーオフ地区準決勝で宿敵の同地区2位仙台に快勝し、波に乗る。対する富山のナッシュHCは「ブースターの期待に応えられるよう一生懸命プレーする」と意気込んだ。
 元仙台の浜口HCが率いる西地区1位の京都は、2位琉球と相まみえる。今秋のBリーグ開幕を控えbj最後のファイナルズとなることを踏まえ、浜口HCは「仙台で迎えた最初のシーズンも有明の地に立った。最後も来られてうれしい」と感慨深そうに語った。
 各チームは会見前後に試合会場で約1時間半、練習した。ファイナルズは1試合制で14日は東西両地区の決勝、15日はリーグ優勝決定戦と3位決定戦がある。


2016年05月14日土曜日


先頭に戻る