宮城のニュース

<衆院選宮城>3区に一條氏 民進県連

一條 芳弘氏

 民進党宮城県連は14日、次期衆院選宮城3区に元会社員で新人の一條芳弘氏(42)=宮城県柴田町=の擁立を決定した。週明けにも党本部に公認を申請する。(12面に関連記事)
 仙台市青葉区のホテルであった県連幹事会後、記者会見した一條氏は「非正規雇用や長時間労働を強いられ、仕事や子育てに疲れた人が増えている。この国に生まれて良かったと思える社会をつくりたい」と話した。
 一條氏は柴田町出身。藤崎(青葉区)に勤務、同社労働組合の執行委員などを経て、今年2月に退社した。
 宮城3区には共産党新人吉田剛氏(34)が立候補を表明。自民党現職西村明宏氏(55)も立候補が確実視されている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年05月15日日曜日


先頭に戻る