宮城のニュース

<仙台L>きょうコノミヤ高槻戦

 サッカー女子、なでしこリーグの仙台レディース(仙台L)は第9節の15日、兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場でコノミヤ高槻と戦う。前節は敵地で首位日テレに敗れただけに白星を飾り、勢いを取り戻したい。
 13日に仙台市の泉パークタウンサッカー場であった紅白戦では、FWの浜田と有町が主力組2トップに入り、積極的にゴールを狙った。14日は同市の紫山サッカー場で軽めに調整した。
 コノミヤ高槻はここまで2勝1分け5敗の9位と低迷しているが、堅守を起点にカウンターを仕掛ける戦いには警戒が必要だ。
 仙台Lは4勝1分け3敗で4位。前節に続く敵地での戦いを前に、千葉監督は「ボールを支配していかに崩せるかが重要。下位のチームに勝ち、カップ戦前の残り3試合で3連勝したい」と力を込めた。

<北原、4試合ぶりに復帰へ>
 センターバックの北原が4試合ぶりにピッチに戻る見込み。「無失点で終わりたい」と、最終ラインで相手攻撃を封じようと燃える。
 左膝付近を痛めて第6節伊賀戦から出場できなかったが、第7節浦和戦前の練習に復帰し、準備をしてきた。休んでいた間、チームは1勝2敗。負けた試合は「前から圧力をかけることができていなかった」と振り返る。
 前節0−2で敗れた日テレ戦は「後半は前線から守れていた」と評価。コノミヤ高槻相手に「早い時間帯に先制し、守りたい」と理想の展開を思い描く。


2016年05月15日日曜日


先頭に戻る