福島のニュース

<参院選福島>増子氏も参加し共産県委演説会

 共産党福島県委員会は14日、演説会を郡山市で開いた。党国対委員長の穀田恵二氏のほか、夏の参院選福島選挙区(定数1)で野党統一候補として立候補する民進党現職の増子輝彦氏(68)が参加した。
 共産県委が演説会に他党の公認候補者を招いたのは初めて。増子氏は、集まった共産党員ら約1400人に「皆さんと心を一つに日本の平和を守り進め、福島の復興再生を成し遂げたい」と呼び掛けた。
 穀田氏は、野党統一候補が与党候補に肉薄した北海道5区衆院補選を振り返り「共産と組むと票が逃げるというのは取り越し苦労と分かった」と強調。「野党と市民の力で安倍政権を打倒し、国民連合政府への扉を開きたい」と述べた。
 改選数が2から1に減る参院福島選挙区には、自民党現職の岩城光英氏(66)、幸福実現党新人の矢内筆勝氏(54)が立候補を予定する。


2016年05月15日日曜日


先頭に戻る