宮城のニュース

<楽天>枡田、8回代打で同点打

 東北楽天の枡田慎太郎が八回に代打で出場し、試合を一時振り出しに戻す同点打を放った。勝負どころできっちり仕事を果たし「いいイメージを持って打席に入ったのが結果につながった」と振り返った。
 八回、島内宏明の2点打で1点差に迫り、2死三塁の場面で打席へ。代わったばかりの4番手益田直也のカットボールを中前にはじき返した。
 練習では「スイングの軌道を確認するなど、しっかり準備することを心掛けている」という。今季は代打出場14試合で打率4割5分5厘と好調だが「もっといい結果を求めていきたい」と意欲を見せた。


2016年05月16日月曜日


先頭に戻る