宮城のニュース

<楽天>松井裕、決勝打喫す

 東北楽天は2試合連続で延長サヨナラ負け。8−8の十一回1死一、三塁、6番手松井裕樹がデスパイネに左前へ決勝打を喫した。5−1の六回は先発釜田佳直ら3投手が乱れ7失点。打線は八回に島内の2点三塁打と代打枡田慎太郎の中前適時打で追い付く粘りを見せたが、勝ち越せなかった。
 ロッテは3連勝。細谷圭が六回の満塁本塁打を含む3安打と活躍した。

 ロッテ−東北楽天10回戦(ロッテ7勝3敗、13時、QVCマリンフィールド、26,010人)
東北楽天03020003000 =8
ロッテ 00010700001×=9(延長11回)
(勝)大谷4試合1勝
(敗)松井裕19試合3敗7S
(本)角中2号(1)(釜田)=4回、細谷1号(4)(浜矢)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(四球で崩れた先発釜田に)>
 「疲れが一気に出たのか…。あそこまで四球が続くのは想定外。何とか六回は投げ切ってほしかった」

<浜矢広大投手(六回に逆転の満塁弾を喫し、2軍に降格)>
 「自分の実力不足。変化球の精度がまだまだ足りない。2軍でしっかりやり直す」


2016年05月16日月曜日


先頭に戻る