宮城のニュース

<仙六野球>学院大雪辱、工大勝ち点

学院大−仙台大 仙台大打線を7回7安打無得点に抑えた学院大の先発・米

 第6節第2日は15日、仙台市の東北福祉大球場で東北工大−東北大、東北学院大−仙台大の各2回戦が行われ、学院大が勝ち点3で並ぶ仙台大に雪辱して1勝1敗のタイに持ち込んだ。工大は連勝で勝ち点1を挙げて東北大に並んだ。
 学院大は米、鈴木遼が完封リレーを見せ、1−0で仙台大との接戦を制した。工大は東北大を3−1で破り、1年生の佐藤洸が3安打1失点の完投でリーグ戦初勝利を飾った。
 第6節第3日の16日は、同球場で仙台大−学院大の3回戦がある。

◎学院大投手戦制す

 学院大−仙台大2回戦(1勝1敗)

学院大000001000=1
仙台大000000000=0
(勝)米2試合1勝
(敗)岩佐4試合3勝1敗

 【評】学院大が投手戦を制した。先発米は緩急をつけた投球で要所を抑え、7回を無失点。継投も決まり、六回に押し出し四球で奪った1点を守った。仙台大は打線がつながらず、投手陣を援護できなかった。

<米7回無失点、佐藤航は守備で貢献>
 学院大は4年生の米と佐藤航が活躍し、3年生の主戦鈴木遼が好投しながら敗れた1回戦の借りを返した。
 先発米は7回無失点でリーグ戦初勝利。7安打7四死球を許したが、「マウンドで楽しむことを考えた」と再三のピンチをしのいだ。「今まで(鈴木遼に)おんぶに抱っこだったので、頑張りたかった」とにっこり。
 佐藤航は守備で貢献した。五回2死一、二塁からの中前打を素早く処理し、好返球で二走松本を本塁で刺殺。「米の粘りに応えたかった」と振り返る。
 今季最後の試合となる3回戦は「総力戦で勝ちに行く」と菅井監督。3季ぶりの2位浮上に向け、2人も「次勝たないと意味がない」と気を引き締めた。

<仙台大、雑な攻めで敗戦>

 王座奪還を目指す仙台大らしくない敗戦だった。岩佐は押し出し四球で決勝点を奪われ、「抑えようという気持ちが強くなり過ぎてしまった」と肩を落とす。打線も8安打を放ち、8四死球を得ながら無得点。けん制死を3度喫するなど雑な攻めが目立った。
 森本監督は「自分たちで(試合を)苦しくした。明日は勝つしかない」と3戦目を見据えた。


◎工大勝負強さ発揮

 工大−東北大2回戦(工大2勝)

工 大000110100=3
東北大000001000=1
(勝)佐藤洸2試合1勝1敗
(敗)谷口5試合1勝4敗

 【評】工大打線が中盤以降に勝負強さを発揮した。四回に志賀の三塁打で先制し、五回は鈴木の三塁打で2点目を奪った。佐藤洸は変化球で打たせて取り、1失点完投。東北大は3安打と打線が湿った。

 工大・佐藤洸(1年生でリーグ初勝利)「(初登板した4月17日の)福祉大戦はボール球が多かったので制球に気を付けた。試合をつくれたことは収穫。(味方が)先制してくれたこともモチベーションになった」


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年05月16日月曜日


先頭に戻る