山形のニュース

<自民山形>県連会長に遠藤氏再任

 自民党山形県連は15日、山形市で定期大会を開き、県連会長に遠藤利明五輪相(66)=衆院山形1区=を再任した。任期は1年。安倍政権が推し進める「地方創生」への取り組みの深化と、夏の参院選の勝利に向け力を結集することを誓う決議を採択した。
 ほかの役員は、副会長に平弘造(69)、幹事長に金沢忠一(66)、総務会長に坂本貴美雄(68)、政調会長に田沢伸一(66)の4県議を再任した。幹事長代理に島津良平(62)、政調会長代理に鈴木孝(70)の両県議を新たに選出した。
 遠藤会長は「夏の参院選にしっかり勝ち、来年1月の県知事選にもつなげられるよう、チーム自民党としてしっかり取り組む」と述べた。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年05月16日月曜日


先頭に戻る