宮城のニュース

<熊本地震>名取市、来月末まで職員派遣継続

 宮城県名取市の佐々木一十郎市長は16日開いた定例記者会見で、熊本地震で被災した熊本県西原村への職員派遣を6月末まで継続する考えを示した。
 市は4月20〜28日に第1陣4人を熊本市、28日から4人、5月11日から4人を西原村に送っている。第4陣以降も10日交代で2、3人を西原村に派遣し、罹災(りさい)状況の調査業務などに当たる。佐々木市長は「西原村は被害が大きいのに職員が75人しかいない。日々変わるニーズに対応し、できる限り支えたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年05月17日火曜日


先頭に戻る