宮城のニュース

<ビアガーデン>夏の開放感 味わい乾杯

勢いよくジョッキを傾けるサラリーマンら=16日午後6時40分ごろ、仙台三越

 仙台市青葉区の仙台三越本館屋上に16日、ビアガーデンがオープンした。銀座ライオン一番町店(青葉区)も同日営業を開始。13日に藤崎が先陣を切っており、市中心部にビアガーデンシーズンが本格的に到来した。
 仙台三越は「世界を巡るビール」をテーマに、欧州産のクラフトビールを用意。カレー風味のソーセージなど欧州料理を主に提供する。宮城県利府町の自営業山本琴枝さん(60)は「海外旅行に行った気分」と満足そうに話した。
 銀座ライオン一番町店のビアガーデンは昨年より5日早いオープン。羊肉のジンキスカンがメインの食べ放題コースが好評だ。仙台市青葉区の大学院生黒田彬央さん(23)は「少し肌寒いが外で食べるのは開放感がある」と笑顔を見せた。
 市中心部ではイービーンズ(青葉区)が27日、仙台フォーラス(同)が6月3日にオープンする予定。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月17日火曜日


先頭に戻る