宮城のニュース

<仙六野球>福祉大Vあと1勝

 今季の優勝争いは首位福祉大と3位仙台大に絞られた。21、22日の最終節での直接対決で雌雄を決する。
 優勝の可能性は勝ち点4の福祉大が高い。2勝して勝ち点を伸ばすか、2敗して勝ち点を挙げられなくても1勝すれば仙台大を勝率差で上回るため、どちらのケースでも優勝が決まる。
 勝ち点3の仙台大は、福祉大に連勝して勝ち点で並び、勝率差で上回るしか優勝の道はない。2勝1敗の場合は2季連続の2位が確定。1勝2敗以下なら福祉大、学院大より勝ち点で下回り、3季ぶりの3位に終わる。直接対決は21日が午前10時30分、22日が午後1時に開始予定。


2016年05月17日火曜日


先頭に戻る