福島のニュース

<いわき遺体>建設会社社長ら6人逮捕

捜索に当たる捜査員ら=16日午前10時30分ごろ、いわき市久之浜町

 福島県いわき市久之浜町の建設会社敷地内に遺体を遺棄したとして、いわき中央署などは17日、死体遺棄の疑いで、建設会社社長日向寺大蔵容疑者(35)=いわき市平中神谷=ら6人を逮捕した。福島県警は同日、同署に捜査本部を設置した。
 遺体は昨年秋から行方不明となっている市内の40代の男性とみられる。捜査本部は身元確認を急ぐとともに、殺人容疑での立件も視野に入れる。
 他に逮捕されたのは会社員国井政夫(61)=いわき市内郷高坂町=、自営業栗山守(57)=同市好間町=、無職栗山智章(52)=同市平=、無職新井庸晃(50)=同市好間町=、会社役員遠藤裕蔵(33)=同市久之浜町=の5容疑者。
 6人の逮捕容疑は共謀して昨年9月上旬ごろ、遺体を同市久之浜町の会社敷地内に遺棄した疑い。
 捜査本部などによると、男性の親族が昨年10月、行方が分からないと同署に届け出た。遺体が埋められているとの情報を基に捜索した結果、16日までに建設会社敷地内から遺体が見つかった。
 現場はJR常磐線末続駅から約500メートル南西の山あいにあり、付近に住宅が点在する。敷地内に建設会社の事務所と有料老人ホームがある。


関連ページ: 福島 社会

2016年05月17日火曜日


先頭に戻る