宮城のニュース

<G7財務相会議>麻生氏、財政出動協調を困難視

 仙台市で20、21日に開かれる先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議を前に、麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、財政出動や金融政策、構造改革の議論を深めるとし、「G7の協調精神を発揮できるよう議長として努力したい」と語った。各国に呼び掛けている財政出動での協調実現は、容易ではないとの認識を示した。
 麻生氏は「国際金融やマネーロンダリング(資金洗浄)などの話が出て、幅広い議論が行われる。法の支配などの価値観を共有するG7が、不透明な世界経済にいかに協調して立ち向かえるかが大きな論点だ」と語った。
 財政出動に慎重な英国やドイツとの協調に関しては「ドイツは日本と違い、憲法で財政(収支の均衡)を定めている。英国も欧州連合(EU)からの離脱問題を抱えており、そんなに簡単ではない」と述べた。
 G7参加国では金融政策や構造改革の方向性が異なる。麻生氏は「各国の事情があり、それを反映し、どのようにしてバランスを良くしていけるか議論を深めなくてはならない。日本は為替の安定が一番重要だと思っている」と話した。


2016年05月18日水曜日


先頭に戻る