宮城のニュース

<G7財務相会議>英語パンフで土産品PR

土産品を外国人にPRする英語パンフレット

 仙台市で20、21日に開かれる先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議を前に、市の外郭団体「仙台観光国際協会」が地元の土産品を外国人客にPRする英語のパンフレットを作製し、無料で配っている。
 パンフレットでは牛タンや笹かまぼこ、ずんだ餅などの特産品を写真入りで紹介。購入できる店舗を地図で示した。外国人客が買いやすいよう、対象地域をJR仙台駅周辺や市中心部に絞り、在仙の英米出身者らのお薦め品も掲載した。
 パンフレットは折り畳むと縦26センチ、横11センチ。カラーで5000部作製。G7会議で来仙する各国関係者や海外メディアに渡すほか、仙台駅構内の市観光情報センターなどで配る。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月18日水曜日


先頭に戻る