宮城のニュース

<藤崎>弁当や総菜、菓子…全国グルメ一堂に

全国の食が集まった「ふるさとグルメフェア」

 全国の地方新聞社と藤崎が選んだ食を集めた「ふるさとグルメフェア」(藤崎主催、河北新報社・47CLUB協力)が18日、仙台市青葉区の藤崎本館で始まった。24日まで。
 昨年10月に続き2回目。北海道から九州までの56店が弁当や総菜、菓子など地元特産のグルメを販売している。
 初登場は4店。そのうち、肉まんやシューマイなどの点心販売「551蓬莱(ほうらい)」(大阪市)が人気で、初日から大勢の買い物客が列をつくった。
 昨年に続く参加の「味のめんたい福太郎」(福岡市)は、今年捕れた卵を使っためんたいこを初めて用意。石津誠二東京支店長は「鮮度が良く、とてもおいしい。本場の味を楽しんでほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月19日木曜日


先頭に戻る