秋田のニュース

<楽天>塩見、チームの連敗阻止できず

東北楽天先発の塩見

 東北楽天の先発塩見貴洋は七回途中4失点で降板し、チームの連敗を止められなかった。「自分の力のなさです」と肩を落として球場を後にした。
 一、二回は三者凡退で上々の立ち上がりだったが、要所を締められなかった。三、七回はいずれも先頭の二塁打をきっかけにピンチを招き、適時打で2点ずつ奪われた。持ち前の制球力を発揮してリズム良く投げていただけに、勝負どころでの一球が悔やまれる。
 4月2日以来、勝ち星から遠ざかっているだけに「次回までに修正したい」と巻き返しを誓った。


2016年05月18日水曜日


先頭に戻る