岩手のニュース

住宅火災現場に2遺体 殺人と放火疑いで捜査

炎上する吉田さん宅と乗用車(右端)=18日午前3時50分ごろ、盛岡市西松園(住民提供)

 18日午前3時半ごろ、盛岡市西松園3丁目、無職吉田光男さん(65)方で火災があった。庭で吉田さんが頭から血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された。全焼した住宅1階の焼け跡から、男性とみられる別の遺体も見つかった。吉田さんの頭や顔には複数の殴られたような痕があった。岩手県警は殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査している。
 県警によると、吉田さんは妻と2人暮らし。吉田さん本人とみられる男性から「家に火を付けられた」と110番があった。妻は外に逃げてけがはなかった。
 近隣住民からは「叫び声が聞こえ、燃える吉田さんの家から2人が出てきて外でもめていた。1人が家に入って行った」との目撃情報があるという。
 住宅の前では乗用車1台が全焼しており、持ち主は分かっていない。住民によると、普段は見掛けない車だという。
 現場は盛岡市中心部から北に約7キロの住宅街。現場付近の別の住宅地では、同じ時間帯に住宅や車が燃える2件の火災があった。火元となった住宅の中に吉田さんの親戚宅があるとの情報があり、県警は関連を調べている。
 吉田さん宅の近くに住む女性(38)は「大きな爆発音が聞こえ、家と車が激しく燃えていた。吉田さんの奥さんが『中に人がいる』と叫んでいた。本当に怖い」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月18日水曜日


先頭に戻る