宮城のニュース

<白石温麺>ご当地キャラ うまさオススメ

県南のご当地キャラをあしらった「宮城の食材にこだわった白石温麺」

 宮城県白石市の製麺業佐藤清治製麺は、パッケージに県南2市7町のご当地キャラクターが勢ぞろいした県産原料の白石温麺(うーめん)を発売した。
 ポチ武者こじゅーろう(白石市)、ざおうさま(蔵王町)、チョコえもん(川崎町)などに加え、県観光PRキャラ「むすび丸」を起用。温麺の原料となる小麦粉は県産を50%配合し、塩は石巻産「伊達の旨塩(うまじお)」を使うなど、地元色を出した。
 キャラクターの使用申請で自ら9市町を回ったという佐藤豊彦社長は「子どもや若い世代に温麺の消費拡大を図り、各地でのイベント販売などを通して県南全体の観光振興にもつなげたい」と話す。温麺の巻き紙にご当地キャラをプリントした第2弾も検討する。
 温麺250グラム(1束50グラム)と麺つゆのセットで1000円(税込み)。本社のほか、仙台市内の百貨店や県内の観光施設などへ順次販売網を広げる。連絡先は0224(26)2659。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月19日木曜日


先頭に戻る