宮城のニュース

<楽天>嶋が骨折 長期離脱へ

東北楽天―オリックス 1回オリックス2死、打者糸井の時、左手を負傷した捕手嶋=2016年5月18日、岩手県営野球場(坂本秀明撮影)

 プロ野球東北楽天は19日、嶋基宏捕手(31)が仙台市内の病院で、左手豆状骨骨折、左手三角骨亀裂骨折と診断を受けたと発表した。嶋は18日のオリックス戦(岩手県営)の一回の守備で、打者の打ち損じを捕球する際に左手を痛めて交代した。骨折により長期離脱は避けられず、7月のオールスター戦前の復帰は微妙な状況だ。
 梨田昌孝監督は「嶋は痛い思いをしただろうが、チームとしても痛い」と語った。


2016年05月19日木曜日


先頭に戻る