岩手のニュース

<盛岡殺人放火>頭部を複数回殴られ死亡か

全焼した住宅と車の消火作業に当たる消防隊員=18日午前5時30分ごろ、盛岡市西松園

 盛岡市西松園の住宅が全焼し、この家に住む無職吉田光男さん(65)が殺害された事件で、岩手県警は19日、司法解剖の結果、死因は外傷性脳障害だったことを明らかにした。頭を強い力で複数回殴打されたとみられる。県警は同日、住宅の焼け跡から見つかった男性とみられる身元不明の遺体についても司法解剖し、詳しい死因などを調べる。
 県警によると、火災発生時、庭先で吉田さんともめていた男性が炎上する住宅に入っていったとの目撃情報があり、遺体で見つかった男性が殺害や放火に関わった疑いがあるとみて、身元の特定を進めている。
 吉田さんはパジャマ姿で、頭や顔に複数の殴られたような痕があり、脚には軽いやけどがあった。県警は凶器で殴打された可能性があるとみて調べている。
 現場付近の住宅地では、同じ時間帯に住宅や車が燃える火災が3件あった。吉田さん方から約6キロ離れた同市大新町では住宅4棟が全半焼し、火元の家に住む吉田さんの弟とみられる男性(60)と連絡が取れていない。
 いずれの火災現場でも大量のカセットこんろ用ボンベが見つかっている。県警は同一犯による連続放火とみて捜査している。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月19日木曜日


先頭に戻る