福島のニュース

<郡山山林遺体>殺人事件と断定 複数の傷

 福島県郡山市逢瀬町河内の山林で18日に遺体で見つかった男性について、郡山北署は19日、死因や遺体の状況などから何者かに殺害、遺棄されたと断定した。福島県警は同日午後、同署に捜査本部を設置。殺人・死体遺棄事件として捜査を始めた。
 同署によると、死亡していたのは郡山市大槻町、警備員岡部大樹さん(25)。司法解剖の結果、死因は頭部外傷の可能性が高いと判明した。死亡推定時刻は15〜16日。遺体は捜査員が18日午前に発見。やぶの中にうつぶせで横たわり、ほかにも複数の傷があった。近くには岡部さんの乗用車が止まっていた。
 岡部さんは15日午前、「コンビニに行く」と言って車で自宅を出たまま行方不明になり、家族が16日に県警に届け出ていた。
 17日夕、家族から岡部さんの乗用車が現場付近で見つかったとの通報。署員が駆け付けたが発見できず、18日朝からの再捜索で遺体を発見した。


関連ページ: 福島 社会

2016年05月19日木曜日


先頭に戻る