宮城のニュース

<G7仙台>防災、減災の大切さ訴え

 先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が仙台市で開幕した20日、各国要人は会合に先立ち、東日本大震災で被災した同市の沿岸部を視察した。若林区の旧荒浜小では、卒業生で仙台工高3年の大学晃希さん(17)=手前右=が学生服姿で震災の体験を語り、防災減災対策の大切さを訴えた。(代表撮影)


2016年05月21日土曜日


先頭に戻る