岩手のニュース

県警職員、盗撮目的の侵入で減給処分

 岩手県警は20日、部屋の中を盗撮するためアパートに侵入したなどとして、盛岡東署会計課の男性事務職員(32)を、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。男性は同日、依願退職した。男性職員は4月10日、盛岡市内のアパート1階の通路に侵入した疑いで逮捕され処分保留とされた。県警は20日、昨年10月から今年4月まで2回にわたって市内のアパートの通路に侵入したとして住居侵入容疑で男性を追送検した。


関連ページ: 岩手 社会

2016年05月21日土曜日


先頭に戻る