秋田のニュース

大仙市、給与天引き通知で誤表記

 秋田県大仙市は20日、本年度給与所得分の市民税・県民税特別徴収(給与天引き)税額決定通知書の表示に誤りがあったと発表した。
 市税務課によると、市民の給与所得者2万8713人のうち3284人分で、扶養親族該当区分と本人該当区分のデータが1マスずつずれて印字された。税額や所得額などに誤りはなかった。本年度から通知書の様式を変えたが、担当職員がプログラムの変更を忘れたという。
 通知書は16日、給与所得者が勤務する県内外の3850事業所に発送、17日に市民の指摘で判明した。19日から誤表示のあった給与所得者が勤務する1328事業所に、修正した通知書を発送している。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年05月21日土曜日


先頭に戻る