宮城のニュース

<楽天>我慢の時 投打元気なく5連敗

5回、日本ハムに追加点を許した東北楽天先発のレイ(右)と捕手足立

 「下を向かず、前向きにいかないと」。試合前、自らに言い聞かせるように話した梨田監督だったが、チームは攻守ともに精彩を欠き5連敗を喫した。
 ターニングポイントは1−2の五回だった。粘投していた先発レイが、1死一塁から田中賢に右翼線二塁打を浴びた。右翼の岡島が打球処理にもたつく間に、エンドランでスタートしていた一走中島が一気に本塁生還。さらに続く中田の三塁ゴロを今江が後逸し、試合の大勢を決する4点目が入った。
 ここで代えられたレイは「踏ん張り切れなかった自分の責任。しっかり投げておけば、もっと長い回を投げられた」と悔やんだ。適時失策の今江も「しっかりグラブを下に出していれば当たった。自分のミスです」と反省しきりだった。
 打線も9安打しながら、得点は一回のウィーラーの適時打による1点のみに終わった。4試合ぶりの安打を含む2安打の今江は「今は苦しいところ。何とかみんなで力を合わせてやるしかない」と力を込める。
 22日は難敵大谷(岩手・花巻東高出)が先発で、厳しい戦いが予想される。梨田監督は「何とか攻略して、1点(勝負)のところを釜田に頑張ってもらわないと」。4月に大谷と投げ合って勝った22歳の右腕に連敗ストップを託した。(浦響子)


2016年05月22日日曜日


先頭に戻る