宮城のニュース

<楽天>西宮は合格点

 五回、1−4とされた直後に、レイと代わった2番手左腕西宮が見事に後続を断った。
 1死一塁でマウンドへ。先頭の左打者近藤は2球続けて外角へ速球を投げ、遊直に仕留めた。続いて、12本塁打を放っている右打者レアードと対戦。「本塁打だけは避けたい」と細心の投球を心掛けた。カウント2−2からフォークボールを低めへ狙い通り投げ、空振り三振に切って取った。
 梨田監督は試合前、日本ハム監督時代の教え子で中継ぎ左腕の宮西の名を挙げ、「西宮も宮西のように活躍して」と期待していた。報道陣を通じてこれを聞いた西宮は「自分は連投が得意なのが特徴。どんどん試合で投げてチームに貢献したい」とやる気を見せた。


2016年05月21日土曜日


先頭に戻る