宮城のニュース

<春季高校野球>仙台、仙台商など2回戦へ

仙台−築館 築館を散発4安打で完封した仙台・佐藤。奥は一塁手西野

 第2日は21日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)と石巻市民球場で1回戦計6試合が行われ、仙台、仙台商、東北などが2回戦に進んだ。
 仙台は五回に挙げた1点を佐藤が守り切り、築館を1−0で下した。仙台商は石巻に4−3でサヨナラ勝ちした。東北は渡辺が7回1失点と好投し、石巻工を8−2で破った。
 第3日の22日は、コボスタ宮城など3球場で2回戦8試合が行われる。

◎仙台1点守る 佐藤完封

 ▽1回戦(石巻市民)
築館000000000=0
仙台00001000×=1

<フォーム修正し快投>
 投手戦を制したのは仙台だった。2年生の佐藤が7奪三振の4安打完封。「序盤は(制球が)荒れていたけど、フォームを見直して四回ごろから修正できた」と振り返った。
 左腕は力のある直球を主体にチェンジアップを織り交ぜて打ち取り、八回までは三塁を踏ませなかった。九回は2死二塁から右前打で一、三塁とされたが、落ち着いて最後の打者を空振り三振に仕留めた。
 冬場はウエートトレーニングや階段での走り込みに励み、投球の安定感や球速が増したという。「きょうは高めに浮いた球があった。失投をなくしたい」と反省も忘れなかった。
◎石巻商が逃げ切る

 ▽1回戦(石巻市民)
古 川001010000=2
石巻商05000001×=6

 古川・高橋龍選手(好機に凡退し、5打数無安打)「4番打者として期待に応えようと力んでしまった。直球を打ち返すのは得意だが、課題の変化球で攻められ、タイミングを合わせられなかった」

◎着実加点 富谷快勝

 ▽1回戦(石巻市民)
岩ケ崎000000000=0
富 谷00001302×=6

 富谷・菅原投手(5安打完封)「完封は意識せず、3失点くらいは仕方ないと思って投げた。腕を振って外角に直球とスライダーを投げ込めた。球が伸びていたので、フライのアウトをたくさん取れた」

◎仙台商サヨナラ

 ▽1回戦(コボスタ宮城)
石 巻000110100 =3
仙台商012000001×=4

<接戦制し、仙台商ナインに自信>
 仙台商が石巻との接戦の末にサヨナラ勝ちした。下原監督は「競った試合をものにでき、選手には自信になった」と、ほっとした表情を見せた。
 二回に先制し、三回には天野の左越え2点本塁打で3−0とリードした。四、五、七回に1点ずつを返され同点とされたものの、九回1死二塁で堀内が右前に決勝打を放った。
 主戦乙戸は追いすがる相手打線に対し、粘りの投球で完投。「序盤は直球を狙われたが、変化球主体に切り替えてしのいだ」と言う。「次は打撃に流れをつくる投球をしたい」と意気込んだ。

◎8得点で東北勝利

 ▽1回戦(コボスタ宮城)
東 北030210101=8
石巻工000100010=2

 石巻工・桜井主将(実力校相手に力及ばず)「大事な初戦で気合を入れて臨んだが、序盤に3点を失い、流れをつかめないまま終わってしまった。夏に向けてチームの打撃強化を図りたい」

◎コールド 塩釜圧勝

 ▽1回戦(コボスタ宮城)
仙台南0002000=2
塩 釜052200×=9
(七回コールドゲーム)

 塩釜・大山主将(初戦でコールド勝ち)「二回に5点を取って勢いに乗った。その後に反撃されてもすぐ取り返せたのが良かった。全員で一つのアウトを奪い、1点を取りにいく塩釜の野球を続けたい」


2016年05月22日日曜日


先頭に戻る