岩手のニュース

<bj岩手>「ぶるぞー」作ろう 資金募る

ぶるぞーのイラストを手に資金協力を呼び掛けるbj岩手の選手たち

 男子プロバスケットボール、bj岩手がチームマスコット「BULLZO(ぶるぞー)」の着ぐるみを作ろうと、インターネットで小口資金を募る「クラウドファンディング」に挑戦している。資金協力という形でファンにも制作に参加してもらい、愛されるキャラクターを目指す。募集は6月13日まで。
 ぶるぞーは、チームカラーの赤を基調とした牛の男の子。チーム創設5周年を記念し、今年3月に誕生した。デザインと名前は一般公募で決めたことから、着ぐるみ作りもファンに協力してもらうことにした。
 チームの運営会社、岩手スポーツプロモーションの岡田絵梨子さん(37)は「今秋に開幕する新リーグに向け、応援の盛り上げ役にしたい」と出資を呼び掛ける。
 既にスポンサーやファンから「CMに出演してほしい」「地域の祭りに呼びたい」などの声が寄せられており、試合会場の外での活躍も期待されている。
 目標金額は300万円。着ぐるみ制作のほか、商標登録の出願や広告宣伝に使う。出資額は1人当たり3000〜30万円。金額に応じ、ぶるぞーによる自宅訪問や練習見学権を返礼に用意する。詳細はクラウドファンディングサイト「いしわり」で確認できる。


関連ページ: 岩手 スポーツ

2016年05月22日日曜日


先頭に戻る