山形のニュース

<ミニ四駆>山形の温泉街 誘客へコース常設

旧瀬見小の教室に設けられたミニ四駆のコース

 山形県最上町の瀬見温泉旅館組合が、統廃合のため閉校した小学校の教室にモーター付きの自動車模型「ミニ四駆」のコースを設置し、人気を集めている。6月5日、ミニ四駆をもじって「Semi四駆2016」と名付けた家族向けの催しを今年も開く。
 ミニ四駆は、1980年代と90年代に小中学生を中心にブームが2度あった。近年、その世代が大人となり、自分の子どもと一緒に遊ぶなど、再び人気が出ている。
 ひなびた温泉街と自動車模型の組み合わせは2011年3月に地元の瀬見小が閉校した際、旅館組合が地域おこしとしてミニ四駆に目を付けたのが始まり。
 事務局長の原田孝さん(53)らが中心となって、12年の夏祭りでミニ四駆を販売。小さなコースで遊んでもらったところ、子どもたちに評判となった。
 このため13年夏から町の支援も受け、旧瀬見小の教室に1周150メートル〜200メートルの常設コースを設置。日曜日を中心に、利用料100円でミニ四駆の貸し出しも行い、自由に遊んでもらえるようにした。飽きられないよう、コースを月1回変えるなど工夫を重ねる。
 来月5日の家族向けの催しは4回目。旧瀬見小体育館を会場に、トーナメントで速さを競う「Semiグランプリ」を開催。決められた時間にゴールするよう走らせる「ジャストタイムレース」、車体をきれいに飾り付ける「デコレーション」の部門などもある。
 旅館組合青年部のメンバーで、Semi四駆クラブ会長の八鍬茂樹さん(32)は「ミニ四駆に詳しい人はもちろん、初めて遊ぶ人も楽しめるよう各部門をそろえた。広い会場で、気軽に楽しんでほしい」と話す。
 時間は午前11時〜午後5時。入場料は100円(5歳以下無料)。特別宿泊パックもある。連絡先は八鍬さん090(6252)6220。


関連ページ: 山形 経済

2016年05月22日日曜日


先頭に戻る