福島のニュース

<井戸沢断層>いわき市教委、天然記念物に

 いわき市教委は、東日本大震災の1カ月後の2011年4月11日に起きた大規模余震で市南西部の田人(たびと)地区に出現した井戸沢断層の一部を、天然記念物に指定した。市教委や京都大によると、同断層は、地層が両側から引っ張られる「正断層」型の活断層。東北に地震を起こすような正断層型はないとされていた。海溝型地震に誘発されて内陸の活断層が動き、地震断層(地面のずれ)が顕著に現れたのは国内初という。

 井戸沢断層は茨城県境からいわき市南部まで南北約20キロに及ぶ。余震は断層の南端付近、深さ約6キロが震源の直下型で、マグニチュードは7.0。震度6弱を観測し、田人地区で大規模な土砂崩れが起きて4人が犠牲になった。京大の調査によると、井戸沢断層の活動で起きた前回地震は1万数千年前だったという。
 11年4月の地震で、断層は14キロにわたって地表に現れ、最大約2メートルの段差ができた。市教委によると、京大のほか、東大など多数の研究機関が調査を進め、井戸沢断層の西側に現れた新たな断層との指摘もある。
 天然記念物となったのは、断層の北端に近い約200メートル。西側の地面が沈む形で生じた段差が山中を走る様子が確認できる。指定は5月2日付。市教委は自然風化を防ぐための保存や展示の方法を検討する。
 日本の活断層は両側から押される「逆断層」や「横ずれ断層」が多い。
 京大大学院理学研究科の堤浩之准教授(地形学)は「正断層型の地震断層が顕著に出現した例は、それまで国内では確認されていなかった。あまり明瞭な活断層と言えなかった井戸沢断層が、海溝型地震に誘発され活動したことは、地震研究の上で重要な問題提起だ」と話している。


関連ページ: 福島 社会

2016年05月22日日曜日


先頭に戻る