宮城のニュース

<楽天>投打ともに振るわず

 東北楽天は投打とも振るわず完敗。今季ワーストタイの6連敗で今季最悪の借金10となった。先発釜田佳直は一回、中田翔の適時打などで3失点。四回にも押し出しを含む3死四球と制球が乱れKOされた。打線は大谷翔平に3安打と封じられ、続く救援陣からも得点できなかった。
 日本ハムは大谷が6回無失点で、1日以来となる2勝目を挙げた。

 日本ハム−東北楽天7回戦(日本ハム5勝2敗、14時2分、札幌ドーム、32,881人)
東北楽天000000000=0
日本ハム30030020×=8
(勝)大谷9試合2勝4敗
(敗)釜田9試合1勝2敗
(本)レアード13号(1)(ブリガム)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ
 <入野貴大投手(5番手で八回に登板。1回無失点2奪三振の好投)>
「前日は力が入り過ぎたので、落ち着こうとブルペンから意識した。力を抜いてしっかり腕を振って投げられた。毎試合与えられた場で、きっちり自分の仕事をしたい」

☆梨田の話ダ
<最悪の結果> 
 「6連敗は2連戦三つの初戦を取れていないから。結果的に最悪だ。これから6連戦が増えるので気持ちを切り替えて臨まないと」(6連敗を振り返って)


2016年05月23日月曜日


先頭に戻る