福島のニュース

<避難解除>南相馬27日にも国と協議

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県南相馬市内の避難区域について、桜井勝延市長は22日、解除時期について27日にも国と協議入りする考えを示した。解除に向けた住民説明の終了後、明らかにした。
 国は7月1日の解除を目標に据えている。桜井市長は「復興の加速化も考慮し、国と合意できる形で解除時期を決定する」と述べ、大幅な先送りには否定的な姿勢を見せた。
 住民説明会は15〜22日に市内4カ所で開催された。各会場では「除染が終わっていない」「(買い物をする環境として)小売店を整えてほしい」などと早期解除に慎重な意見が目立った。


2016年05月23日月曜日


先頭に戻る