青森のニュース

<参院選青森>平川市 イオンに共通投票所

 平川市選管は23日、夏の参院選で市内の有権者が誰でも投票できる「共通投票所」を市内の商業施設に設置すると発表した。設置の決定は長野県高森町に次いで全国2例目。同市の投票率は、最近の国政選挙で全国ワーストが続く青森県の平均を下回っており、投票しやすい環境を整え投票率の底上げを図る。
 共通投票所は市中央部にある「イオンタウン平賀」(平川市小和森)の1階催事場に、投票日の午前9時〜午後8時に開設。学校や公民館などの指定投票所ではなく、買い物に訪れたついでに投票できる。
 市選管によると、同店はバイパス沿いで広い駐車場を備え、休日には1日平均5000人の家族連れなどでにぎわう。参院選から期日前投票所も設置される。
 市は二重投票を防ぐため、無線のオンラインで暗号化データを通信するシステムを構築。セキュリティーを確保しながら市内23カ所の指定投票所と結んで投票状況を共有する。
 選挙人名簿も備え、システム障害や停電時の名簿対照方法の体制も決めた。人件費などを含む費用約480万円のうち300万円を国が補助、市の負担は実質30万円程度になる見込み。
 佐藤正道市選管委員長職務代理者は「利便性を高めることで投票率向上が期待できる。新たに選挙権を持つと見込まれる18、19歳にも利用してもらいたい」と話した。


2016年05月24日火曜日


先頭に戻る