秋田のニュース

人生の伴侶探し 独身男女が「カフェ」で交流

 独身の男女が交流する「シングルズカフェ」が20日、秋田市役所食堂で始まった。市内の20〜30代を対象に市が本年度から本格的に実施する事業で、来年3月までほぼ毎日開く。
 初日は男女19人が料理や飲み物を各自で持ち寄り、交流を楽しんだ。6月10日までの平日夜は市役所食堂で開催。同13日以降は月、火曜は市役所食堂に食事などを持ち寄り、水〜日曜はホテルのバーなどで会費を徴収して開く。いずれも2日前までに市に予約する必要がある。
 2月に「お試し版」として市内のホテルのバーで開いた際は、14日間で市内外から延べ約360人の男女が参加した。
 市子ども総務課の嶋久美子課長は「一人でも多くの人が出会い、人生の伴侶を見つける第一歩にしてほしい」と話す。
 連絡先は市子ども総務課018(888)5687。


関連ページ: 秋田 社会

2016年05月24日火曜日


先頭に戻る