広域のニュース

クマ目撃相次ぐ 仙台城跡付近など

 仙台市青葉区川内と福島市中心部付近で23日、クマの目撃情報が相次いだ。
 青葉区川内の仙台城跡南側の市道では午後6時ごろ、乗用車を運転していた30代の男性会社員が、道路を横切るクマ1頭を目撃し、110番した。
 仙台中央署によると、クマは体長約1メートル。仙台城跡南バス停から八木山橋方向へ走っていった。中央署はパトカーで周辺の住民や施設に注意を呼び掛けた。
 仙台城跡を訪れた男子大学生(20)は「たびたびこの辺りにクマが出没すると聞いていたが、驚いた」と話した。
 福島署によると、午前4時ごろ、福島市御山の松川河川敷にクマ1頭(体長約1メートル)がいると近所の女性から通報があった。さらに午後5時15分ごろには同市御山の信夫山頂上付近でランニングをしていた男子高校生らが1頭(体長約1.5メートル)を目撃した。


関連ページ: 広域 社会

2016年05月24日火曜日


先頭に戻る