宮城のニュース

<ヤマカノ醸造>味わい維持 塩分控えめ醤油

従来製品より塩分が2割少ない新製品

 みそ・しょうゆ製造販売のヤマカノ醸造(登米市)は、従来製品と比べ食塩量を20%減らした「塩分ひかえめ うま〜い醤油(しょうゆ)」を発売した。
 同社によると、30年ほど前から国内のしょうゆ全体の消費量が下落傾向にあるという。このため健康に気遣う人向けの商品で販売量回復を狙おうと、半年かけて開発した。従来製品より味の質を落とさないよう材料の割合を工夫するなどして商品化にこぎ着けた。同社業務企画管理部の鈴木仁部長は「おいしさを保つには20%カットが限界だった」と話す。
 1リットル入りペットボトルが370円(税抜き)と従来製品と同価格で販売。県内の小売店やスーパーのほか、同社ホームページからも購入できる。連絡先はヤマカノ醸造0220(52)2511。


関連ページ: 宮城 経済

2016年05月26日木曜日


先頭に戻る