宮城のニュース

<楽天>打つ手なし 則本救えず7連敗

7回東北楽天2死一、三塁、好機に三邪飛に倒れる松井稼。捕手炭谷

 東北楽天打線は転がり込んできた再三の好機を生かせず、1得点止まり。梨田昌孝監督が「4、5点は取れた」と振り返る拙攻で、西武・佐藤勇のプロ初勝利の引き立て役を担ってしまった。
 悔やまれるのは2点を追う二回。安打と2四死球で無死満塁をもらいながら、藤田一也、足立祐一、岡島豪郎があっさりと凡退し、1点も奪えない。直前の一回の守りでは失策が絡んで失点と、攻守に流れの悪さばかりが際立つ場面となった。
 その後は、またも3番が打線のブレーキとなった。松井稼頭央は五回1死一、三塁で三ゴロ併殺。七回は1点差に迫り、なお2死一、三塁の同点機で三邪飛に倒れた。チームの方針通り、最初のストライクを積極的に狙ったが、吉と出ず。「調子? 出させてもらっている以上、(いい、悪いなんて)言っていられない」と悔しさをかみ殺した。
 3番に座った選手の調子が上がらないことを「3番の呪縛」と語っていた梨田監督も「3番がどうのと言ってもしょうがない。話題にされるようなことを言わないようにしないと」。発した通りの結果を招く「言霊」の力に神妙な顔つきに。エースを立てた試合を落とし、今季初の7連敗。光が見えない。(佐藤理史)


2016年05月25日水曜日


先頭に戻る