山形のニュース

図書館で一夜、映画…本との出会い多彩に

本好きのための多彩な催しが開催されるBBO=2015年6月

 「本」でつながる、人、店、まち。そんなテーマのイベント「Book! Book! Okitama2016」(BBO)が6月25日から7月3日まで、山形県川西町フレンドリープラザを主会場に開かれる。川西町立図書館で一夜を過ごしたり、本と相性のいいコーヒーに関するドキュメンタリー映画を上映したりと、本にまつわる多彩なイベントが企画されている。
 人気の「一箱古本市」が開催されるのは、最終日の7月3日。約30人の出店者がそれぞれ段ボール1箱ほどの古本を持ち寄り、販売する。
 同2日のトークイベントでは、全国的に活躍するブックコーディネーターの内沼晋太郎さんが、東京のブックカフェ「6次元」店主ナカムラクニオさんと「本の力」について語り合う。
 イベントに合わせて期間中、置賜地方にある約30カ所の飲食店や書店も本に関連した独自の企画をそれぞれ開催する。初日の6月25日には長井・上伊佐沢にあるかやぶき屋根のそば屋で、フードスタイリストの高橋みどりさんが「本と料理と器」と題して話す。
 BBOは有志による実行委員会が企画し、今回が3回目。川西町には同町出身の作家井上ひさしさんが寄贈した22万冊の蔵書を収蔵する遅筆堂文庫もあり、期間中は全国から大勢の本好きが集まる。
 各イベントは有料で定員あり。連絡先は実行委事務局(フレンドリープラザ内)あらさわさん0238(46)3311。ホームページhttp://bookbookokitama.com


関連ページ: 山形 社会

2016年05月25日水曜日


先頭に戻る