広域のニュース

<東日本高速>最大4日間乗り放題 パス開始

 東日本高速道路と宮城県道路公社は今月、自動料金収受システム(ETC)使用の普通車や軽自動車を対象に、東北の高速道路が最大4日間乗り放題となる割引制度「2016東北観光フリーパス」を始めた。週末を中心に適用する。12月19日まで。
 東北地方の高速道路が乗り放題になる「東北周遊プラン」、首都圏や北関東地域との往復の通行料金も割引される「首都圏出発プラン」と「北関東出発プラン」の3種類。
 東北周遊は2日間(普通車7500円、軽自動車6000円)と3日間(普通車8500円、軽自動車6500円)から選べる。首都圏出発と北関東出発の両プランは最大4日間の設定とした。
 土、日、月の3日間、東北自動車道大鰐弘前−白石インターチェンジ(IC)間を普通車で観光地に立ち寄りながら往復した場合、休日割引適用時より8570円安くなる。
 いずれも事前の申し込みが必要。東日本高速道路のホームページかモバイルサイトでプランや利用日を決める。支払いは翌月のカード決済となる。連絡先はお客様センター(0570)024024。


関連ページ: 広域 経済

2016年05月25日水曜日


先頭に戻る